食べもえビデン

食材・食品や成分を選択する際の目安

葉酸って何?:葉酸と一緒に働く栄養素


投稿日: tabemoe

葉酸と一緒に働く栄養素はビタミンB6、マグネシウムやビタミンB12があります。これらの中でも重要な栄養素としてビタミンB12があります。そして、葉酸の働きを考えると妊活だけの栄養素というわけではないようです。



そもそも葉酸は体の中で何しているの?

葉酸は妊活の栄養素として有名ですが、体の中では遺伝子の部品を作り出したり、遺伝子の働きを調整する重要な栄養素です。また、特に注目されているのはホモシステインという成分との関係です。

このホモシステインという成分は体内の濃度が高いと、年齢に関係なく動脈硬化の発症や認知機能の低下と関係していることが研究により提唱されています。そして、ホモシステインの体内の濃度を高めず一定に保つためには葉酸だけでなくビタミンB12が必要です。


葉酸とビタミンB12の関係

葉酸は体内に吸収された後に5-メチルテトラヒドロ葉酸になり、ビタミンB12と共にホモシステインをメチオニンに変えるようです。なお、5-メチルテトラヒドロ葉酸の利用効率は生まれ持った遺伝子の特性により異なることが知られています。

一つの栄養素だけではなく生命が生きていくには複数の栄養素が必要です。調査により現在の日本では栄養素が不足する方は非常に少ないとのことですが、バランスの良い食事を意識したいところです。

参考資料

・ホモシステイン代謝
 http://yakushi.pharm.or.jp/FULL_TEXT/127_10/pdf/1579.pdf
・認知機能の低下防止と栄養
 http://www.nncj.nestle.co.jp/asset-library/documents/11-b_vellas.pdf
・葉酸:最近の話題
 http://j-jabs.umin.jp/35/35.299.pdf


食べ物を選択する際の目安となりますように。

スポンサードリンク

関連記事

クロレラに含まれる栄養成分について

クロレラについて調べていると、意外と栄養成分の量をホームページに表示していない会社が多いことに気がつきました。調べると、きちんと栄養成分を掲載している会社は片手で数えるほどしかありませんでした。中には …

クロレラは葉酸を多く含む食品です

何度か紹介してきたクロレラですが、その最大の特徴は葉酸を多く含むことだと思います。 クロレラは圧倒的に葉酸を含む食品です。 葉酸を多く含む食品はほうれん草や枝豆、ブロッコリーにかぼちゃなど青々とした野 …

葉酸と食べ物とサプリメント

食べ物とサプリメントの葉酸は性質が異なります。その性質を紹介します。 まずは葉酸について 葉酸は水溶性のビタミンでビタミンB群に分類されます。古くはビタミンMとも呼ばれていましたが、現在の栄養学ではほ …

気になる年齢別!血液の葉酸濃度

国民健康・栄養調査の栄養素等摂取量で各種栄養素の摂取量を年代別に把握することができますが、血液中の濃度は不明です。理論的には摂取量が高ければ血液中の濃度も高くなりそうですが、実際はどうなのでしょうか。 …

クロレラのことを思いつくままに紹介!

食べ物とからだについて調べていると目に付くのがクロレラです。でも、クロレラの紹介で満足した内容がないので思いつくままに紹介します。 クロレラってなに? クロレラの歴史を科学論文の要約を掲載するPubM …