食べもえビデン

食材・食品や成分を選択する際の目安

葉酸と食べ物とサプリメント


投稿日: tabemoe

食べ物とサプリメントの葉酸は性質が異なります。その性質を紹介します。

まずは葉酸について

葉酸は水溶性のビタミンでビタミンB群に分類されます。古くはビタミンMとも呼ばれていましたが、現在の栄養学ではほとんど使われていません。食べ物ではクロレラが圧倒的に含有量が多く、手に入りやすい食材ではホウレン草や枝豆やいちご、レバーがあります。

葉酸は妊活の栄養素として知られていますが、遺伝子を作り出したりメチレーションと呼ばれる酵素のスイッチを入れたり切ったりするする反応に関わる大切な栄養素です。また、葉酸の摂取が不足すると血液中のホモシステインの濃度が増え、脳卒中や認知症など血管に関係する病気のリスクが増加することが知られています。

このような葉酸の性質から埼玉県坂戸市では女子栄養大学と共同で坂戸市葉酸プロジェクトとして葉酸を添加した食品の開発が進められています。



食べ物とサプリメントの葉酸

食べ物の葉酸とサプリメントの葉酸は天然か合成かの違いだけでなく、腸からの吸収率も違うことが知られています。

まずは食べ物の葉酸について紹介します。

食べ物に含まれる葉酸は、葉酸の本体にアミノ酸の1つのグルタミン酸が複数結合しています。人が腸から吸収するにはグルタミン酸の数を1つにする必要があります。そのため胃や小腸の状態によって吸収率が変化する栄養素として知られています。

次にサプリメントの葉酸についてです。

サプリメントの葉酸は、葉酸の本体にアミノ酸が1つだけ結合している状態で合成されています。そのため胃や小腸の状態に関わらず吸収率が良いことが知られています。なお、天然の葉酸には複数の種類があるのですが、サプリメントの葉酸はどれにも該当しません。



吸収率が良くてもダメな時もある

サプリメントの葉酸の吸収率を100%とすると食べ物の葉酸は吸収率が50%です。なので、葉酸の補給にはサプリメントが良いように見えますが、海外では小麦やオレンジジュースにサプリメントの葉酸を添加したことで過剰摂取が懸念されています。

特にサプリメントの葉酸は人の吸収機構を無視して吸収されてしまうため、サプリメントを取りすぎると血液で増えすぎることが指摘されています。血液で増えすぎるとビタミンB12の欠乏状態が解らなくなることもあるので注意が必要です。

なお、食べ物の葉酸は過剰摂取の懸念がないことが知られています。できるだけ葉酸は食事から摂取することがお勧めです。

参考資料

・坂戸市葉酸プロジェクト
 http://www.city.sakado.lg.jp/22,2863,197,934.html
・胎児の正常な発育に役立つ「葉酸」を摂取できるとうたった健康食品
 http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20110526_1.pdf


食べ物を選択する際の目安となりますように。

スポンサードリンク

関連記事

クロレラって動物?植物?

食べ物と栄養素について調べるとクロレラが良く研究されているためクロレラについて詳しくなりつつあります。クロレラに関する紹介記事はまだ少ないのですが、アクセス傾向を分析したところ「クロレラは動物?」とい …

クロレラは葉酸を多く含む食品です

何度か紹介してきたクロレラですが、その最大の特徴は葉酸を多く含むことだと思います。 クロレラは圧倒的に葉酸を含む食品です。 葉酸を多く含む食品はほうれん草や枝豆、ブロッコリーにかぼちゃなど青々とした野 …

葉酸って何?:葉酸と一緒に働く栄養素

葉酸と一緒に働く栄養素はビタミンB6、マグネシウムやビタミンB12があります。これらの中でも重要な栄養素としてビタミンB12があります。そして、葉酸の働きを考えると妊活だけの栄養素というわけではないよ …

ユーグレナってどんな食べ物

ユーグレナってどんな食べ物なのでしょうか。何か気を付けなくてはいけないところはあるのでしょうか。調べてみたので紹介します。

葉酸ってサプリメントと食べ物で違うの?

水溶性でビタミンB群に分類される葉酸。妊活で有名な栄養素ですが、サプリメントと食べ物の葉酸は違うようです。 合成と天然(食事性)の葉酸 葉酸はほうれん草から発見されて葉を意味する「folium」と酸を …