食べもえビデン

食材・食品や成分を選択する際の目安

本当にビタミンは不足しているの?ビタミン摂取量の現状


投稿日: tabemoe ,

商品の紹介ページに『商品が含む栄養素の量』を表示しビタミンが不足しがちなことをアピールしていることがあります。根拠に野菜の食べる量が目標量に届かないことや魚介類の食べる量が減っていること、そして食生活が欧米化していることが示されています。でも、本当にビタミンは不足しているのでしょうか。

よく利用されている「国民健康・栄養調査」の最新調査を調べてみました。

平成27年国民健康・栄養調査報告

国民健康・栄養調査報告に『第 1 部 栄養素等摂取状況調査の結果』がまとめられていました。その中の『第 1 表の 2:男性、3:女性』からビタミン摂取量の平均値、中央値を取得して各ビタミンの食事摂取基準量からほとんどの人が充足している量である「推奨量(設定されていない場合は目安量)」で充足率を求めてみました。なお、20歳以下の推奨量または目安量は各年齢幅内で一番多い量としています。

・充足率 (%) = 平均値または中央値 ÷ 推奨量または目安量 × 100

結果

充足率が90%を下回るものを赤色で塗りつぶしました。上部が男性、下部が女性の表です。意外と赤色が多くなるようです。画像をクリックすると拡大表示されます。

でも本当に足りないの?

「国民健康・栄養調査」の最新調査と食事摂取基準量から意外とビタミンは足りてない印象を受けます。本当に足りていかは、各個人の状態を検査しないとわからないと思います。でも、調べるとすぐに答えが見つかりました。

・食品安全委員会「健康食品」に関する情報
 https://www.fsc.go.jp/osirase/kenkosyokuhin.html

この情報によると「現在の日本では、通常の食事をしていればビタミン・ミネラルの欠乏症が問題となることはまれ」だそうです。

でも、この記事を作りに当たり色々調べたところ、栄養素ごとにどうも「吸収や体内での利用効率」に特徴がありそうです。調査次第、記事にしていければと考えます。

食品安全委員会の「誰かにとって良い「健康食品」があなたにとっても良いとは限りません。」

その通りだと思います。

参考資料

・厚生労働省 国民健康・栄養調査
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kenkou_eiyou_chousa.html
・日本人の食事摂取基準(2015年版)
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/eiyou/syokuji_kijyun.html


食べ物を選択する際の目安となりますように。

スポンサードリンク

関連記事

気になる年齢別!血液の葉酸濃度

国民健康・栄養調査の栄養素等摂取量で各種栄養素の摂取量を年代別に把握することができますが、血液中の濃度は不明です。理論的には摂取量が高ければ血液中の濃度も高くなりそうですが、実際はどうなのでしょうか。 …

クロレラは葉酸を多く含む食品です

何度か紹介してきたクロレラですが、その最大の特徴は葉酸を多く含むことだと思います。 クロレラは圧倒的に葉酸を含む食品です。 葉酸を多く含む食品はほうれん草や枝豆、ブロッコリーにかぼちゃなど青々とした野 …

クロレラって面白い

食べ物と健康の関係に興味を持ち、調べていくと葉酸とビタミンB12がとっても大切な栄養素だとわかってきました。そして、葉酸とビタミンB12の特徴を紹介してきました。でも、この栄養素をきちんと体に取り入れ …

食事性葉酸とサプリ葉酸の違い

妊活サプリで葉酸が注目されますが、実は妊活サプリで使われている葉酸は食品添加物で自然なものではありません。

サプリメントの成分は食品添加物?自然な成分?

サプリメントは食材を加工したものと食材に合成された食品添加物であるビタミンやミネラルを加えたものに分類することができます。見分け方は簡単です。 食品添加物が加えられたサプリメントの見分け方 サプリメン …