食べもえビデン

食材・食品や成分を選択する際の目安

葉酸の簡単な説明


投稿日: tabemoe

最近は妊活の栄養素だけでなく、からだに大切な栄養素として認識が広がりつつある葉酸です。特に葉酸の摂取量が少ないとホモシステインという成分の濃度が体の中で濃くなり、動脈硬化やアルツハイマーになるリスクが高まることが指摘されています。

以下、葉酸の簡単な説明です。



葉酸ってなに

水に溶けるビタミンの一種でビタミンBに分類されます。ホウレン草やいちご、レバー、クロレラが多く含む食べ物として知られています。古くはビタミンMとも呼ばれていましたが、現在は食べ物に含まれるのは葉酸や食事性葉酸、Folateなどと呼ばれ、サプリメントに含まれるのはFolic Acidやプテロイルモノグルタミン酸、L-メチルフォレートなどと呼ばれています。

食べ物とサプリメントで何が違う?

腸からの吸収率が違います。サプリメントを100とすると食べ物は50程度です。その理由ですが、食べ物は葉酸にグルタミン酸が沢山結合しているのに対してサプリメントはグルタミン酸が1つしかついていません。要するにサプリメントは消化の必要がないため吸収率が高いのです。

しかし、サプリメントの葉酸は吸収率が高いため、からだの葉酸が満たされていても吸収されてしまいます。そのためサプリメントの葉酸は過剰摂取に気を付ける必要があります。具体的な量として1日に1mg(1,000μg)と母子手帳などに記載されています。なので、サプリメントの葉酸を選ぶ際にはパッケージに葉酸の過剰摂取についてきちんと記載されている製品をお勧めします。

なお、食べ物の葉酸はからだの葉酸が満たされていると吸収率が低下し濃度を調整することが知られています。このことから、葉酸の多い食べ物で必要量を摂取することがお勧めです。


食べ物を選択する際の目安となりますように。

スポンサードリンク

関連記事

葉酸ってサプリメントと食べ物で違うの?

水溶性でビタミンB群に分類される葉酸。妊活で有名な栄養素ですが、サプリメントと食べ物の葉酸は違うようです。 合成と天然(食事性)の葉酸 葉酸はほうれん草から発見されて葉を意味する「folium」と酸を …

食事性葉酸とサプリ葉酸の違い

妊活サプリで葉酸が注目されますが、実は妊活サプリで使われている葉酸は食品添加物で自然なものではありません。

本当にビタミンは不足しているの?ビタミン摂取量の現状

商品の紹介ページに『商品が含む栄養素の量』を表示しビタミンが不足しがちなことをアピールしていることがあります。根拠に野菜の食べる量が目標量に届かないことや魚介類の食べる量が減っていること、そして食生活 …

ルテインって何だろう?

ルテインが気になったので調べてみました。情報を集めている途中ですが簡単に紹介します。 ルテインって何? ルテインと言えば、目のサプリメントとして有名です。成分的なことを調べてみるとβカロテンなどと同じ …

クロレラに含まれる栄養成分について

クロレラについて調べていると、意外と栄養成分の量をホームページに表示していない会社が多いことに気がつきました。調べると、きちんと栄養成分を掲載している会社は片手で数えるほどしかありませんでした。中には …