食べもえビデン

食材・食品や成分を選択する際の目安

食品としてのクロレラ


投稿日: tabemoe

植物性の食品としてクロレラを紹介したいと思います。

クロレラに含まれる栄養素はなんと59種類以上でアミノ酸を18種類、脂肪酸を14種類、ビタミンを14種類、ミネラルなどを含んでいるそうです。

ビタミンはサプリで使用される食品添加物ではなく、全て食事性の天然成分です。また、これまでに紹介してきた、食事性葉酸だけでなく、葉酸が体の中で働くのに必要なビタミンB12やビタミンB6も含んでいます。

なので、クロレラは偏りがちな栄養バランスを整えてくれる食品と言えそうです。

そのバランスの良い栄養素がスポーツ選手にも注目され、最近ではプロバスケットボールプレイヤーの渡辺選手やフットボール選手なども取り入れているようです。

また、クロレラは丸ごと素材を食べてあらゆる栄養素をとるという「プラントベースド・ホールフード」に合致した食品で自然の恵みを余すことなく体に取り入れることが出来るのが特徴な食品です。

スポンサードリンク

関連記事

葉酸って妊活だけの栄養素?

葉酸のことを調べているとやたらと「妊活やママに大切」という言葉が目立ちます。でも、それらの商品ページを見ても何かよく意味が解りません。もし、二分脊椎症のリスクを下げるのであれば妊娠してから3ヵ月までが …

クロレラやユーグレナの栄養素

サプリメントを調べているとクロレラやユーグレナの広告が表示されるようになってしまいました。面白半分で広告をクリックして内容を確認していますが、とにかく多くの栄養素を含むことをアピールしています。そこで …

葉酸と食べ物とサプリメント

食べ物とサプリメントの葉酸は性質が異なります。その性質を紹介します。 まずは葉酸について 葉酸は水溶性のビタミンでビタミンB群に分類されます。古くはビタミンMとも呼ばれていましたが、現在の栄養学ではほ …

運動量と摂取カロリー

消費カロリーが摂取カロリーを上回ると体重の増加を防ぐことが理論的に可能です。

葉酸の簡単な説明

最近は妊活の栄養素だけでなく、からだに大切な栄養素として認識が広がりつつある葉酸です。特に葉酸の摂取量が少ないとホモシステインという成分の濃度が体の中で濃くなり、動脈硬化やアルツハイマーになるリスクが …