食べもえビデン

食材・食品や成分を選択する際の目安

運動量と摂取カロリー


投稿日: tabemoe

運動量が増加すると、消費カロリーが増加するというのは感覚で理解できます。そして、消費カロリーが摂取カロリーを上回ると体重の増加を防ぐことが理論的に可能です。

この記事を書いている時はちょうどラグビーのワールドカップが開催されていました。ラグビーは体重が重い選手で、ケガのリスクが低い可能性が調査により報告されています。そのため、筋肉量の増加は競技生命を伸ばすために必要と考えられています。

しかし、ラグビー選手は試合期に除脂肪量が減少、すなわち筋肉が減少することが知られており、いかに試合期前に除脂肪量を増加するかが競技生命の延長と試合時のパフォーマンス向上につながります。

そこで、日本人のラグビー選手を対象に運動量と摂取カロリーについて調査した例によると、「年間スケジュールをトレーニング量で分け調査したところ、生活活動での消費カロリーに差は認められなかった。そして、トレーニング量の増加によりトレーニングでの消費カロリーは増大したが、摂取カロリーは増大せずに減少することが明らかとなった。」ことが明らかになっています。

そして、最もトレーニングが激しい時期は、たんぱく質を多く含む食品の摂取が減少する代わりに、サプリメントの摂取が増加していることがわかりました。運動で利用されるサプリメントは意外と高カロリーで高たんぱく質であることが多いですが、参考にした報告では「サプリメント食品群の摂取量の増加をもってしても、トレーニングの増加に見合う1日の総摂取カロリー量の増加には至らなかったという重要な事実が示された。」とあります。

これは、せっかく厳しいトレーニングをしても体に筋肉を付けるどころか、筋肉の減少につながってしまいます。

では、どうすれば良いのか。周りに食事内容やトレーニング内容を管理してくれる協力者がいれば理想ですが、そのような恵まれた環境はそれほどありません。

自身で出来る方法として、基礎代謝を測定できる体重計を購入し、自身の 生活活動での消費カロリーをまず知ることから始め、1日の総摂取カロリーを知ることから始めるのが良いと思います。

食事のカロリー量は、簡単にインターネットで調べることができます。意外と簡単にできるのでお勧めです。

スポンサードリンク

関連記事

本当にビタミンは不足しているの?ビタミン摂取量の現状

商品の紹介ページに『商品が含む栄養素の量』を表示しビタミンが不足しがちなことをアピールしていることがあります。根拠に野菜の食べる量が目標量に届かないことや魚介類の食べる量が減っていること、そして食生活 …

クロレラに含まれる栄養成分について

クロレラについて調べていると、意外と栄養成分の量をホームページに表示していない会社が多いことに気がつきました。調べると、きちんと栄養成分を掲載している会社は片手で数えるほどしかありませんでした。中には …

クロレラって面白い

食べ物と健康の関係に興味を持ち、調べていくと葉酸とビタミンB12がとっても大切な栄養素だとわかってきました。そして、葉酸とビタミンB12の特徴を紹介してきました。でも、この栄養素をきちんと体に取り入れ …

葉酸って何?:葉酸と一緒に働く栄養素

葉酸と一緒に働く栄養素はビタミンB6、マグネシウムやビタミンB12があります。これらの中でも重要な栄養素としてビタミンB12があります。そして、葉酸の働きを考えると妊活だけの栄養素というわけではないよ …

葉酸って何?:葉酸の発見の歴史

葉酸って何?葉酸の発見の歴史を調べてみました。きっかけはある食べ物でした。 動物性の食べ物と植物性の食べ物が同じ作用!! 1931年Lucy Wills博士がインドでイギリスで生産されているビール酵母 …