食べもえビデン

食材・食品や成分を選択する際の目安

ユーグレナってどんな食べ物


投稿日: tabemoe

ユーグレナってどんな食べ物なのでしょうか。何か気を付けなくてはいけないところはあるのでしょうか。調べてみたので紹介します。

ユーグレナは和名でミドリムシとも呼ばれている、0.1ミリメートルほどの微生物で池や沼などの水の中で生きています。また、植物のように葉緑体を持ち、光合成をおこなうだけでなく、鞭毛によって動き回る動物の特徴を持ち合わせています。

この、ユーグレナですがたんぱく質のバランスの評価のアミノ酸スコアは80以上で各種ビタミンを含むことが知られています。しかし、ユーグレナはビタミンB1とビタミンB12を自身で作り出すことが出来ないため、培養する時にこれらビタミンを添加する必要があります。

唯一、ユーグレナが自然ではないところかなと感じています。添加物を避けている方は注意が必要かなと思います。

その他には、パラミロンという食物繊維を独自成分として含んでいます。パラミロンはでんぷんと同じくブドウ糖が複数結合して出来ている多糖類です。なお、人はパラミロンを分解することが出来ないようです。

また、残念ながらユーグレナの細かい栄養成分表を探しましたが見つかりませんでした。栄養素を多く含むことや栄養価が高いことを広告で表示しているにもかかわらず非常に残念です。

大手の商品ページを確認しましたが「 「ユーグレナ(和名:ミドリムシ)」にはビタミン・ミネラル・アミノ酸・不飽和脂肪酸など59種類の栄養素が含まれています。」と記述されていましたが、具体的にユーグレナが 59種類の栄養素をどのくらいの量を含んでいるかはなく、非常に不安になります。

ユーグレナの細かい栄養成分表がありましたら、紹介しますのでぜひ教えていただければと思います。

ユーグレナは栄養価が高い食品とアピールしていることはわかりましたが、その具体的な含有量を示した栄養成分表は残念ながらないようです。

最後に、ユーグレナを選ぶ時は栄養成分表がきちんと表示されているかに気を付ける必要がありそうです。

スポンサードリンク

関連記事

ビタミンB12って野菜、クロレラ、ユーグレナには含まれていない?

ビタミンB12ってよく聞きますが、動物性の食べ物のみに含まれている栄養素です。でも、前回紹介したクロレラやユーグレナには含まれているようなので不思議に思いビタミンB12について調べてみました。 そもそ …

葉酸の簡単な説明

最近は妊活の栄養素だけでなく、からだに大切な栄養素として認識が広がりつつある葉酸です。特に葉酸の摂取量が少ないとホモシステインという成分の濃度が体の中で濃くなり、動脈硬化やアルツハイマーになるリスクが …

葉酸って妊活だけの栄養素?

葉酸のことを調べているとやたらと「妊活やママに大切」という言葉が目立ちます。でも、それらの商品ページを見ても何かよく意味が解りません。もし、二分脊椎症のリスクを下げるのであれば妊娠してから3ヵ月までが …

食品としてのクロレラ

ロレラに含まれる栄養素はなんと59種類以上でアミノ酸を18種類、脂肪酸を14種類、ビタミンを14種類、ミネラルなどを含んでいるそうです。

サプリメントの葉酸を多く摂取すると害になる?

葉酸は食べ物とサプリメントで性質が違うことが知られています。最近では厚生労働省の通知により妊活サプリメントのパッケージにはサプリメントの葉酸は1日に1mgを超えないように情報提供するよう推進されていま …