食べもえビデン

食材・食品や成分を選択する際の目安

葉酸ってサプリメントと食べ物で違うの?


投稿日: tabemoe

水溶性でビタミンB群に分類される葉酸。妊活で有名な栄養素ですが、サプリメントと食べ物の葉酸は違うようです。

合成と天然(食事性)の葉酸

葉酸はほうれん草から発見されて葉を意味する「folium」と酸を意味する「acid」を組み合わせてFolic acidと名づけられました。その後研究が進むと、生体内で葉酸として働く成分が複数あることが判明し、天然の葉酸群は「Folate」、日本でサプリメントや食品に添加される天然に存在しない合成の葉酸を「Folic acid」と海外では使い分けているようです。


合成の「Folic acid」を調べてみると

どうも、食べ物に含まれている葉酸は人の消化・吸収の仕組みでは含まれている量の50%程度が吸収・利用されるようで、しかも胃や腸などの調子や年齢などで吸収・利用の程度が変わるようです。また、その人が持つ遺伝子によっても利用率が違うようです。

そんな問題を解決するために、合成の「Folic acid」が誕生したようです。

Folic acidは、海外では小麦やオレンジジュースに加えられることで赤ちゃんの脊椎神経がむき出しになる「二分脊椎症」の発症を大幅に低下するという公衆衛生学に大きく寄与したということです。



大変すばらしいことだと思いますが、弊害もあり企業が闇雲に食べ物にFolic acidを加えたことで通常では考えられないほどのFolic acidを摂取することになり、赤ちゃんのアトピーなどの弊害が出ているようです。そのため、現在は天然の葉酸に近い5-メチルテトラヒドロ葉酸カルシウムに切り替えられて、安全に二分脊椎症の発症を予防しているようです。

日本では小麦やオレンジジュースにFolic acidが添加されていないので闇雲に摂取することは無いと考えられます。

ちなみに、5-メチルテトラヒドロ葉酸カルシウムが食品添加物として申請されていましたが2015年に申請者により取り下げられたようです。

参考資料

・「健康食品」の安全性・有効性 葉酸解説
 http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail652.html
・食品安全委員会 第576回会議資料詳細
 https://www.fsc.go.jp/fsciis/meetingMaterial/show/kai20150908fsc


食べ物を選択する際の目安となりますように。葉酸って面白いかも。

スポンサードリンク

関連記事

気になる年齢別!血液の葉酸濃度

国民健康・栄養調査の栄養素等摂取量で各種栄養素の摂取量を年代別に把握することができますが、血液中の濃度は不明です。理論的には摂取量が高ければ血液中の濃度も高くなりそうですが、実際はどうなのでしょうか。 …

運動量と摂取カロリー

消費カロリーが摂取カロリーを上回ると体重の増加を防ぐことが理論的に可能です。

クロレラの葉酸とビタミンB12について

栄養素に関する記事を書くようになるとサプリメントから特定の栄養素や成分を食べるのではなく、やはり食べ物から色々な栄養素や成分を食べることが重要だと気が付かされます。 特に意外なのですが、サプリメントを …

クロレラは葉酸を多く含む食品です

何度か紹介してきたクロレラですが、その最大の特徴は葉酸を多く含むことだと思います。 クロレラは圧倒的に葉酸を含む食品です。 葉酸を多く含む食品はほうれん草や枝豆、ブロッコリーにかぼちゃなど青々とした野 …

ビタミンB12の吸収システムと吸収困難リスク

ビタミンB12は動物性の食べ物のみに含まれている栄養素で、植物性の食べ物はビタミンB12を含まないことが知られていますが、不思議なことに植物性の食べ物であるクロレラは「血中ビタミンB12レベルを上げる …