食べもえビデン

食材・食品や成分を選択する際の目安

葉酸って何?:葉酸の発見の歴史


投稿日: tabemoe

葉酸って何?葉酸の発見の歴史を調べてみました。きっかけはある食べ物でした。

動物性の食べ物と植物性の食べ物が同じ作用!!

1931年Lucy Wills博士がインドでイギリスで生産されているビール酵母を主原料とする『マーマイト』が肝臓の抽出物が同等の貧血治療効果を示すことを報告し、両食材に貧血予防成分であるビタミンに似た未知の成分が存在することを初めて報告しました。その後Lucy Wills博士はサルで再度試験をおこない、その未知の成分をMonkeyの『M』からビタミンMと名付けました。たまに葉酸のことをビタミンMと呼ぶのはそのためです。残念ながらLucy Wills博士はビタミンMの成分自体を特定することはできませんでした。



成分としての葉酸を特定

そして、遂に1941年にHerschel K. Mitchell博士が4トンのホウレンソウから未知の成分を特定し、ラテン語で葉を意味するfoliumから葉酸【folic acid】と名前を付けました。そして同時に葉酸が乳酸菌の一種であるラクトバチルス カゼイ菌を増殖することを報告しました。なお、現在は葉酸が乳酸菌を増殖することを利用して食べ物が含む葉酸の量を測定しています。

その後の葉酸

発見された当初は1種類だと考えられていた葉酸ですが、研究が進むにつれてグルタミン酸、p-アミノ安息香酸、プテリジンが結合し、プテリジンの構造に種類があることが理解されてきました。そのため、海外では食物に含まれる葉酸をFolate、合成された葉酸をFolic Acidと区別しています。日本では食物に含まれる葉酸を食事性葉酸やプテロイルポリグルタミン酸型、合成された葉酸をプテロイルモノグルタミン酸型と区別しています。

参考までに5-メチルテトラヒドロ葉酸の構造を紹介します。

参考資料

・TREATMENT OF “PERNICIOUS ANAEMIA OF PREGNANCY” AND “TROPICAL ANAEMIA”【妊娠による悪性貧血と亜熱帯性貧血の治療法】
 Br Med J. 1931 Jun 20; 1(3676): 1059–1064.
 https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2314785/
・THE CONCENTRATION OF “FOLIC ACID”【葉酸の濃度】
 J. Am. Chem. Soc., 1941, 63 (8), pp 2284–2284.
 http://pubs.acs.org/doi/pdf/10.1021/ja01853a512
・日本食品分析センター いま注目のビタミン「葉酸」について
 http://www.jfrl.or.jp/jfrlnews/files/news_no21.pdf


食べ物を選択する際の目安となりますように。

スポンサードリンク

関連記事

ルテインって何だろう?

ルテインが気になったので調べてみました。情報を集めている途中ですが簡単に紹介します。 ルテインって何? ルテインと言えば、目のサプリメントとして有名です。成分的なことを調べてみるとβカロテンなどと同じ …

クロレラのことを思いつくままに紹介!

食べ物とからだについて調べていると目に付くのがクロレラです。でも、クロレラの紹介で満足した内容がないので思いつくままに紹介します。 クロレラってなに? クロレラの歴史を科学論文の要約を掲載するPubM …

たんぱく質の摂取量が減少している?

最近インターネットで1日のたんぱく質摂取量が40年間で10g以上も減少しているとの広告を見ました。確かに減少はしているのでしょうが、たんぱく質の摂取量だけに注目してもよいのでしょうか。 広告で示されて …

葉酸と食べ物とサプリメント

食べ物とサプリメントの葉酸は性質が異なります。その性質を紹介します。 まずは葉酸について 葉酸は水溶性のビタミンでビタミンB群に分類されます。古くはビタミンMとも呼ばれていましたが、現在の栄養学ではほ …

本当にビタミンは不足しているの?ビタミン摂取量の現状

商品の紹介ページに『商品が含む栄養素の量』を表示しビタミンが不足しがちなことをアピールしていることがあります。根拠に野菜の食べる量が目標量に届かないことや魚介類の食べる量が減っていること、そして食生活 …